株式会社 先進医用画像解析センター

HOMEサイトマップお問い合せ

  • 画像解析
  • 遠隔診断
  • PACS / DICOM
  • 会社概要
  • お問い合せ・資料請求



遠隔読影システム
読影専門医への読影依頼、依頼された読影レポートの作成、
診断のキーとなる検査画像付き読影レポートの返信までの
一連の業務をサポートします。

 画像診断に必要なシステムは一切必要ありません。安価なパソコンをご用意し、設置させていただきます。条件はただ一つ、「CTやMRI装置からパソコンに画像データ(DICOM画像)を送信すること」、だけです。画像診断が非常勤で伺っている施設に関しては、画像解析センターにある画像サーバ・レポートサーバにアクセスできるクライアントPCを設置します。
 CTやMRI装置から送られた画像は暗号化された専用回線を用いて、画像解析センター内の画像一時受信装置に転送されます。この装置では医療機関ごとのIDの先頭に施設コードを割り振り、総合画像サーバに画像を登録します(施設間のIDの重複を防ぐ)。医療画像はDICOMという規格で保存されていますので、総合レポートサーバでは画像に付帯する検査時の情報をもとに患者のレポートを自動作成します。
 これらのデータを元に画像解析センター内や各施設で、画像診断医が読影装置を用いて読影を行います。作成されたレポートは画像解析センター内の総合レポートサーバ内に保管されます。各医療施設のレポートは施設ごとのユーザIDとパスワードでログインしていただき、レポートを印刷することで運用していただきます(施設ユーザでのログインの際は、他の医療機関のレポートは閲覧できません)。
 また、読影の際には主治医からの依頼情報が必須になります。各医療機関では、技師さんや事務の方に、依頼情報をキーボード入力もしくはスキャナで各患者のレポートに貼り付けていただきます。
オプション
オーダリングとの連携や院内端末への配信には、連携用サーバが別途必要です。
この際は主治医からの依頼情報を、自動的に当センターの総合レポートサーバに転送できます。

figure

▲ pagetop

株式会社 先進医用画像解析センター
画像診断
遠隔診断
PACS / DICOM
会社概要
お問い合せ・資料請求
オンライン読影依頼
サイトマップ
プライバシーポリシー
畳込みMIPについて
PET-CT読影手順
EV lnsiteの使い方
Conquestの設定